【中高年夫婦】みんなの性生活ってどんな感じ?~私たちの場合~

こにちは。ブログ管理人のももです!

アラフィフ夫婦のリアルな性事情の悩みや、解決策などをシェアしていけたらいいな~と思っています。まずはプロフィールを覗いてみて下さいね!

日本のセックスレスの悩みを抱えている夫婦は、20代の若い世代でも多いって知っていましたか? 「え~!20代でも!?」って思いませんか?

わたしが思うレスのイメージは、アラフォーに突入する30代後半くらいから少しずつ増えてくるものなんだろうなぁと、なんとなく思っていました。

家庭内の生活のリズムや、夫・妻、それぞれの「性」に対する価値観のズレが結果的にレスに繋がって行くのかなと感じています。

そもそもSEXって絶対必要?

これっていわゆる「性欲」の問題も大きいですよね。

性欲がある人、性欲がない人。この部分を自分でコントロールするのって難しい! そもそも「欲がない」場合、欲がないんだから積極的に改善しようとも思えないんですよね。

「SEXが絶対必要か?」と聞かれたら、どう答えますか?

性欲はないんだけど、レスになって距離が離れるのは避けたい・・・と考えている女性も多いんじゃないかな?とわたしは感じていて。 そういう意味では、お互いに「必要」な事かなと思っています。

わたし自身、若い時から性欲にかなりのムラがあって。 触られるのもイヤ!!ってくらい無理な時もあれば、今日は何となく触れ合いたいなって時もあって(笑)

自分で何でこんなに安定しないんだろう?って振り回されてる感はずっとあるんです・・いまだに。

セックスレスを真剣に考え始めたきっかけ

ベッドの上で考え事

わたしは結婚26年目。プロフィールにも書いてるように、結婚・出産も20代前半で、割と早めな方になるのかな~と思います。ちなみに旦那さんは年下です。

私たち夫婦は、寝室は別々なんです。なんか子供が大きくなって、一人暮らしはじめたりで部屋が余ってきたりして、何となく別々でゆっくり寝るのが自然になったとうか。

なので、同じベットや布団で寝ることがなくなったので、ますます行為自体が遠ざかって行ったんですよね。40歳くらいまでは一緒に寝てはいましたが、なんせ子供が中高生と大きくなっているので、そんなに出来るもんでは無いっていうのが現実でした。

そのくらいから、リアルに「あ~こうやってレスになって行くんだな~」って考えてましたね。

20代の頃に、仕事場の女性(当時で60代くらい)に、「旦那さんの誘いを断ったらダメよ」って言われたことがあるんですけど、その時はあんまり気にしてなかったんですが、何となくその言葉がずっと頭にあって。

今思えば、あの女性は旦那さんを上手に操ってる感があったな~って。よく言えば旦那さんを立ててるんですけど、実際主導権を握って上手に操ってるのは奥さんみたいな。

そういう意味でも、夫婦の性生活ってとても大事なんじゃないかなと思って「セックスレス」というワードを、ちょっと真剣に考える様になってきたんですよね。

結婚26年目リアルな夫婦の性生活

結論から言うと、結婚生活26年目のアラフィフ夫婦の私たちですが、性生活はあります!

でもこれは、「意識してやってる」って感じ。 上記で話したように寝室が別々なので、一緒に寝ていてなんとなく~って流れになることはないんですよね。

うちの旦那さんは、若い時からめちゃくちゃ性欲強めって訳でもなかったと思うんですけど、かといって弱めな訳でもなかったので、まぁ平均的な感じだと思います。

若い時は、なんとなく旦那さんから誘われてやる感じだったんですけど、やっぱり全くその気になれない時期っていうのもあって、けっこう「いや!」って断ることも多かったんですよね。

寝室別々になってからは、年齢も重ねて積極的に誘われることも明らかに減っていったんです。

その頃から何となく「もしかして私は、このまま二度とSEXすることなく歳とって行くんじゃない?」って思い始めて。性欲が日常的にある訳じゃないけど、このまま一生関係がないかも?って考えたら「それはちょっと嫌だ!!」って思ったんです。

セックスレスについて「話し合う」ことで事前に回避

自分の中で、40歳も過ぎてSEXについて考えるのっておかしい?って思ったりもして、まずは同世代の夫婦ってどんな感じなんだろ!・・・ってネットで調べまくったんですよね。

すると、専門家の方たちが「40代から本当の意味で楽しめるんです!」「海外では70代以降でも現役の人はいる」「色んな形の性行為がある」と書いている記事を見つけて。
読み漁りましたね・・・ちょっと衝撃受けましたが嬉しかったし、ホッとしました!(笑)私の感情は自然な事なんだなって思えて。

なので、意を決して私から誘ってみたんです。そして思っていることを正直に話してみたんです・・・

「世の中の人ね、40過ぎてもまだまだ現役の人いっぱいいるみたいだよ。月に1回くらいどう?なんかこのまま何もなくなって、歳とっていくの嫌なんだけど」って割と軽く話してみました(笑)。

うちの旦那さんは、積極的な女性が元々嫌いじゃないタイプの人なので、たぶんこの手の会話も大丈夫だろう・・・という思いはありました。

案の定、結構乗り気で話を聞いてくれました! 正直、ここで難色を示されたら、私もそれ以上グイグイ行けてはなかったと思うんです。なので、賭けと言えば賭けなんですが。

どのみち、気持ちを伝えてみるっていうのは避けられない最初のハードルなんだと思います。

女性(奥さん)から誘ってみるのがおすすめな理由!

カップルの触れ合い

私たち夫婦は、ほぼ私から誘っています。月1回くらいの割合で。

女性から誘うのってきっと抵抗あるって方の方が多いですよね? でも意外とおすすめなんですよっ。というのも上記でも書きましたが、私の場合「意識してやってる」感じもあるんです。

夫婦円満のひとつの形のために。

でもそこは自分の気分がきちんと乗っていないと、やっぱりできないんですよね。なので、あえて「私から誘う」形を定着させちゃっています。

旦那さんも、ある意味私の気持ちを尊重してくれている状態だと思います。

まぁ、本気で旦那さんが疲れてそうなときは、今日気分的に誘いたいけど、やめておこうとか観察はするようにしています。そういう自分の行動もプラスなんじゃないかなと思うんですよね。旦那さんにちゃんと興味を持つという意味でも。

言い方が悪く聞こえるかも知れないけど、「自分(女性)にある程度決定権がある」って状態は、40代以上の年齢だとやりやすいんじゃないかと思うんですよね。

旦那さんも、いつ誘われるのか?みたいなワクワク感(知らんけど)も多少はあるみたいです。

長年連れ添った夫婦だからできる関係でもあると思うので、1歩を踏み出せない女性がいたら、ぜひ試してみて欲しいなと思っています!

 

次回は、今だから本音でやりたいことやってみない?を実践中のおはなしです! お楽しみに~♡