家庭用脱毛器の使い方と意外なデメリットとは?実際に使ってみた感想

Woman trimming her armpit with electric trimmer

毛が濃いというには、外見的な嫌悪感だけでなく、ワキガなどの体臭の元ともなるので気をつけて処理するようにしてます。

まず脱毛と除毛という方法がありますが、脱毛は一度しておくとすぐ生えてこないので脱毛メインで処理しています。

脱毛方法も大まかに自分で処理する、脱毛サロンにいく、医療クリニック等で永久脱毛処理をするとありますが、私自身家庭用脱毛器を使って自宅でするのがほとんどなので、この場合について書いてみようと思います。

まず家庭用脱毛器のデメリットですが、自分で処理するので、どうしても死角になる部分の処理が不完全になることが多いです。

鏡を使って処理などもできますが、自分の手が届きにくい場所など大変です。

特に体が硬い人だと、足とかも大変です。

次に、脇毛の処理をする時ですが、処理する側の手がほぼ使えないので実質片手で処理することになります。

脱毛をしてる人はわかると思うのですが、毛抜きで抜く時も家庭用脱毛器を使う時も、抜きやすいコツというのがあります。

皮膚を引っ張って毛を立てると、すごく抜きやすくなります。

また、皮膚を引っ張ることにより、毛を抜き時に脱毛器に皮膚を引っ張っていかれないので、痛みもかなり減ります。

脇毛を処理する時は、部位によっては皮膚を引っ張ることができないので、抜きにくい上に痛みを伴います。

そして最後のデメリットは、脱毛後の脱毛器の処理や周囲の後片付けです。

毛が濃い部分はもちろんですが、毛の薄い部分でもかなり毛が生えてます。

それらを機械任せで抜いていくわけですが、結構毛が飛び散ります。

自分の体にも抜いた毛が付着しますし、周囲の床にも撒き散らします。

そして脱毛器自体にも毛がつきます。

特に抜く部分には毛が挟まったままになったりするので、コマメに取り除いてあげないと脱毛効果も落ちてしまいます。

対策としては、専用のブラシなどついてると思いますが、私は掃除機で吸い取っています。

掃除機で脱毛部分を吸い上げると、かなりキレイになるのと、そのついでに周囲の床を軽く掃除してあげるようにすると、あとあとの掃除も楽です。

次にメリットですが、やはり料金が安いということです。

私が購入した時は一万円近くしましたが、今は5千円もあればお釣りがくるぐらいの値段なのでお買い得です。

一度買ってしまえば繰り返し使えるので、それ以降は電気代だけです。

使用時の電気代といってもモーターを回すだけのものなので、本当に微々たるもので、ほぼ電気代はかからないといっても過言ではありません。

他のメリットは好きな時、好きな部分を処理できることです。

脱毛サロンや永久脱毛だと、やはりいくら専門の方とはいえ、人にみられたくない部分の脱毛もあったりします。

自分で処理すると、そういうストレスもなく、好きな時間にできるのが嬉しいです。

以上私なりに実際に家庭用脱毛器を使ってみた感想です。

購入しようかと迷ってる人のお役に立てればと思います。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です