手作り化粧水で美白?ビタミンC誘導体パウダーを使い比べてみた結果

woman applying hand cream

先日、通販コスメで「買って失敗しちゃった…」と思った、トゥベールのホワイトパウダー。

反対に「買って良かった~!」となったのが、同じくトゥベールのクリスタルパウダーです。

一昨年、スポーツのサークルに入るようになってから、日焼けをする機会が増えた私。

日焼けにはなるべく気をつけて、こまめに日焼け止めを塗るようにはしていたのですが、やっぱり紫外線は避けきれないものです。

夏の日差しが強くなるに連れて日焼け具合が気になるようになり、徐々にシミも増えているように感じました。

そこで「美白をしなくては!」という気になり、調べてみたところ、美白効果が高いのは「ビタミンC誘導体」とのこと。

でも一口に美白基礎化粧品と言っても、ビタミンC誘導体の含有量ってメーカーによってマチマチなんですよね。

どうせなら安心できる素材を買って、自分で化粧水を作ってみようかな?

と思い、トゥベールのビタミンC誘導体をそのままパウダーにした商品を買うことにしました。

初めに買ったのは、「ホワイトパウダー」。

精製水に溶かしてパックとして使ったり、精製水+グリセリンで手作り化粧水にすることもできます。

ところが…パックをしてみたところ、日焼けには効果があるのですが、肌がキシキシときしむような感触に。

手作り化粧水を何度か使い続けてみても、肌が潤うことがなく、カサつくようになってしまいました。

よくよく調べてみたところ、高濃度のビタミンC誘導体には皮脂抑制の働きもあるのだとか。

乳液やクリームで保湿をしっかりするようにはしてみたのですが、どうしても顔の肌には合わず、泣く泣く顔への使用は諦めました。

でもシミへの効果は感じられましたし、美白対策は諦めたくない!

と思い、今度は同じトゥベールの公式サイトをよくチェックして、「クリスタルパウダー」の方を購入しました。

こちらは同じビタミンC誘導体でも浸透性が高く、低濃度でも美白効果を感じられるのだとか。

また乾燥や刺激度がホワイトパウダーよりも控えめであるというのも魅力的に思いました。

クリスタルパウダーを精製水に溶かして、こちらでも同様にパックをしてみたところ…肌にピッタリ!

肌の色のトーンがワントーン明るくなったように感じますし、乾燥も気になりません。

更には肌の毛穴をキュッと引き締めてくれているようで、肌全体にハリを感じるようになりました。

余計な成分が入っていないので安心して使うことができます。

こちらのパウダーでもグリセリンと精製水で「手作り化粧水」も造り、毎日のケアにも使用しています。

保存料が入っていないので1週間程度を目安に使い切るようにしていますが、作るのが簡単なので、あまり手間には感じません。

劣化を防ぐために化粧水は冷蔵庫で保管しており、ケアのたびにヒンヤリとした感触も楽しんでいます。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です