手作り化粧品でニキビケア?ビタミンC化粧水を手放せない

20150711
ニキビの改善と頬のシミを薄くしたくて濃度5%のビタミンC化粧水を愛用しています。

これまでニキビに効くという商品を数多く使用してきました。

ニキビ菌をターゲットにした薬用の化粧品。

角質を落とすとしたピーリング。

いずれの商品も、度々出現するニキビに効果は得られませんでした。

10代まではニキビなんて縁のないお肌でしたが、20代になってから大きく腫れる膿んだニキビが頻繁に出来るようになってしまいました。

どうしてニキビがこんなにたくさん出来てしまうのか分からず、本当に悩んでいました。

ビタミン剤を飲んでみたり、紫外線を出来るだけ避けるなどの対策をしていましたが一向にニキビが減る気配はありませんでした。

もう一生ニキビが治らないのだと諦め始めた30代後半。

ニキビ跡もかなり増えて顎周辺はニキビが無くともニキビ跡の赤みが残り、常に肌が赤っぽくなっていました。

年齢とともに頬のシミも濃くなって、シミがあるのをもう見ないふりをするのも限界に来ていました。

そんな時にふと手にした本が、手作り化粧品の本でした。

自分の肌に合った化粧水をカスタマイズして使用することが書かれていました。

私自身、これまで散々市販の化粧品を使ったのにもかかわらず、思うような効果が出ないことに矛盾を感じていました。

物は試しと材料を買い揃えて自分で、自分の肌に必要な成分だけを取り入れた化粧水を作ってみました。

ビタミンCとヒアルロン酸だけの、ごくシンプルな化粧水です。

ですが、作ってみると材料費は安いうえに肌に合っていました。

使用してすぐにニキビがあまりできなくなったのです。

あんなにニキビに困っていたのに、まるでかつてのニキビが無かった10代の頃のような肌なのです。

ニキビが出来てもビタミンCのおかげであまり大きくなることはなく、ニキビ跡も作らずにきれいに治ってしまうのですっかり病み付きになりました。

毛穴も引き締まって以前よりも小さくなっていると思います。

頬にあったシミも消えてしまうまではいきませんが、目立っていた色素が徐々に薄くなっていくので毎日鏡を見るのが楽しみになりました。

後から知ったのですがビタミンCはコラーゲンの生成を促すらしく、なるほど目元の小じわも少し溝が浅くなったと感じています。

シワもニキビも毛穴もケアしてくれて、20代よりも今の肌の方が断然きれいだと断言できます。

美肌にさせてくれたビタミンC化粧水を一生手放さない心づもりです。

ニキビに悩む人みんなに、この効果を実感してもらいたいと心から思っています。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です