キュレルの日焼け止めミルクは乾燥肌の私でも愛用できる?肌に優しく潤いも実感?

20150706
夏というと紫外線がバンバン降り注いでくる季節です。

私は肌の老化が気になる年代ですし、うっかり日焼けで秋冬の肌にシミが増えてしまっても悲しいですから、やはり日焼け止めは欠かせません。

以前は紫外線や日焼け止めの知識が十分ではなくて、SPF値が高いものがとにかく肌にいいのだろうとずっと使っては日焼け止めで肌が荒れるというのを繰り返していました。

その後、きちんと紫外線や日常使いに適している日焼け止めの知識を身に付けて以来、肌にやさしい日焼け止めを探し求めて、たどり着いたのがキュレルの美白UVミルクです。

乾燥肌の私にとっては日焼け止めの選定はとても重要なもので、紫外線をしっかりとカットするという本来の目的に加えて、肌に優しく乾燥しないというのも同様に重要です。

その点、キュレルの美白UVミルクは肌荒れや乾燥をすることなく使用できていて、セラミド配合なのでしっかりと肌の潤いを守りながら紫外線を防いでくれています。

また、SPF30PA++と日常使いには適していて、肌への負担も最小限ですんでいます。

白っぽいサラサラとしたテクスチャーですが、見た目通り伸びが良くて浸透力も高いので、肌に残ってべたつくということもありません。

白浮きは大丈夫だろうかと最初は気になりましたが白浮きもせずにフェイスパウダーときれいになじんでくれて、下地として使用してもきれいに肌を見せるのに役立ちます。

また、嬉しいことに美白成分が配合されていますから、紫外線対策をしながら保湿と美白までできてしまう多機能ぶりにほれ込んで使用しています。

普段は日焼け止めとフェイスパウダーというシンプルなメイクで、特別な用事がある時くらいしかファンデーションは使っていません。

それでも、キュレルの美白UVミルクなら日焼け止めの機能をしっかりと果たしてくれて、フェイスパウダーが浮いたり皮脂で崩れたりせずに使用することができます。

ちょっと吹き出物ができている時でも悪化させずに使うことができていますし、肌への優しさと潤いは本物だと実感しています。

新しいシミなどができないところを見るとしっかりと紫外線カットができていて、UVミルクの美白成分も肌の奥でメラニンをブロックしているのかなと想像してしまいます。

肌への優しさ、テクスチャー、塗り心地、普段使いに適しているという点で満足していますし、肌が乾燥せずに潤いを感じることができて、私的には一押しの日焼け止めです。

いかに肌に負担をかけずに紫外線カットできるかという意味でも、キュレルの美白UVミルクには満足しています。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です