髪はたんぱく質でケアする?アミノ酸シャンプーでハリとコシに変化が?

20150704
二十歳を過ぎた頃からチラホラと白髪が生え始めてしまい、仕方がないので白髪染めを使用して誤魔化してきました。

何でこんなに若い頃から白髪に悩まなければならないのだろうと憂鬱でしたが、思えば子供の頃から若い両親が白髪を染めている姿を見ていたので、遺伝的なものなのかもしれません。

しょうがないのでひと月からふた月に一度の白髪染めを繰り返してきましたが、いくら髪や頭皮に優しいと謳われている製品でも、薬品を使用しているのには違いありません。

髪への痛みはどんどん蓄積されていきました。

だんだんと艶が無くなってきてしまい、白髪染めを使用して染めた直後はしっとりと綺麗にまとまるのですが、数日もするとリンスをしただけではすぐに広がってしまい、枝毛や切れ毛が多くなってしまいました。

また、湿気の多い日には細くなってしまった毛先があちこちに跳ね放題になってしまいます。

それでも白髪染めをやめるわけにはいかないので、髪は傷んでしまうばかりです。

そこで自分なりに痛みを解消するためのケア方法をネットで探してみることにしました。

世の中には髪の毛を染めていても綺麗で艶やかな髪質を保っているかたがたくさんいますので、何か参考になることはないかと思ったのです。

そうやって調べていくうちに、髪の毛を元気にするポイントが髪のたんぱく質にあることを知りました。

このたんぱく質はカラーリングだけではなくドライヤーの熱などでも流出してしまうようで、修復することで健康な髪の毛に戻す大きなポイントにもなるとのことでした。

ですので、毎日使用するシャンプーとリンスをアミノ酸シャンプーとリンスに変えてみることにしました。

アミノ酸はたんぱく質の元でもありますので、洗いながらダメージを修復していくというアミノ酸シャンプーはまさにぴったりです。

トリートメントにもたんぱく質トリートメントを使用することにしました。

サロンでも多く使われているそうで、どちらも少々普通のものよりは値段が高めではありますが、数ヶ月も使用していると、生えてくる髪の毛にハリとコシがあることに気がついたのです。

髪の毛よりも先に頭皮がだんだんと元気になってきたことがわかりました。

それから切れ毛が少なくなっていき、まとまりやすい髪質に変化していきました。

たんぱく質トリートメントの変わりにヨーグルトパックや卵パックをすることもあります。

とにかくたんぱく質を補うことを意識してケアしてきましたが、痛みはかなり軽減されてきたように感じます。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です