ハイジニーナ脱毛はメリットが多い?形はどうする?恥ずかしくない?

Beautiful body in bikini
肌を露出する季節に困らないようにと、最近の女性は手足やワキなどの脱毛を行っています。

ムダ毛処理が楽になるだけでなく脱毛サロンに通う回数が多くなればなるほど、ムダ毛が生えてくる期間が長くなって薄く細くなってくるからです。

また、徐々に人気を高めている部位にはデリケートゾーンがあります。

夏はプールや海に行って水着になることもありますから、アンダーヘアの自己処理が大いに楽になり水着からのはみ出しを避けることができます。

このデリケートゾーンの脱毛はハイジニーナ脱毛とも呼ばれていて、ハイジーンとは衛生的という意味があります。

海外では若い頃からデリケートゾーンのお手入れをするのは当たり前のことで、VIOゾーン全てつるつるにしてしまうのが主流です。

日本ではデリケートゾーンのお手入れをする習慣があまりありませんでしたが、海外の影響や脱毛の普及などによってハイジニーナ脱毛も人気を高めています。

しかし、海外のようにVIOライン全てのアンダーヘアをなくしてしまうのではなく、Vラインは水着や下着からはみ出ないくらいにひと回り小さめに形を整えて、IOラインのアンダーヘアは全て脱毛してしまうのが主流です。

ハイジニーナ脱毛のメリットは衛生的だということです。

蒸れやすいデリケートゾーンのアンダーヘアがほぼなくなるので、下着による蒸れやかぶれを防ぐことができて衛生的に保つことができます。

特に生理時には蒸れやかぶれが起きやすく臭いも気になりますが、不快な群れやかぶれを防いで臭いの軽減にも役立ちます。

また、Vラインの整え方のバリエーションも様々で、自分の希望通りにすることができます。

形は残す範囲を全て自分の好きなように決めることができて、オーソドックスな逆三角形から丸型や四角、ハート型などユニークな形にすることもできます。

ハイジニーナ脱毛の最初の2、3回にVライン全てを脱毛することによって、毛量を減らして毛質を柔らかくすることができるので、この施術を受けてから形を整える施術へと移行するとVラインをきれいにすることができます。

最初は恥ずかしいと感じるかもしれませんが、脱毛サロンでは紙製のショーツなどを履いて施術を行ったり目を光から保護するためにタオルやゴーグル、サングラスなどで何も見えない状態で施術が行われていますから、それほど意識する必要はありません。

恥ずかしさよりも自分が美しくなる方を考えて、ほんの少し勇気を出して衛生的で水着も堂々と着られるハイジニーナ脱毛に挑戦してみましょう。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です