オロナインでニキビを治す塗り方は?悪化することもある?注意点は?

Happy woman applying cosmetic cream
ニキビがぽつんと一つできているだけでも気分が下がってしまいますよね。

なんとかメイクで隠そうとしてもうまく隠せなかったり、メイクで悪化してしまうこともあります。

ニキビができないように普段から気をつけていても、生理前などはニキビができやすくなってしまうから困ってしまいます。

できてしまったニキビを治すための化粧品もいろいろ販売されているので、早く治すためにいろんな製品を使ったことがある人もいると思います。

でも、それでニキビが治ったでしょうか?

どんな製品を試してニキビが治らない人が中にはいるみたいですよね。

実はニキビで困ったときにはオロナインがおすすめなのです。

オロナインはほとんどの薬局で手に入るから、緊急でニキビを治したいときに便利です。

ニキビ以外にも使えるから、一本あると助かるんですよ。

ニキビの原因はアクネ菌。

アクネ菌は脂肪分が大好物。

毛穴にたまった皮脂をもとにしてアクネ菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

アクネ菌を殺菌することでニキビが治りやすくなります。

だから、ニキビ用の化粧品には殺菌力が強いサリチル酸なんかが使われているんですね。

オロナインにはクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が1g中に10%含まれているの。

この成分が消毒効果を発揮してアクネ菌の働きを弱らせるんですね。

オロナインでアクネ菌が不活発になって炎症が治まってきてニキビが治るのです。

ニキビを治すには保湿も大切です。

乾燥すると角質が厚くなって毛穴の出口がふさがれてしまい、皮脂がたまりやすくなります。

オロナインにはオリーブ油、グリセリン、ワセリンなどの保湿成分も入っています。

保湿も同時にできるから便利なのです。

オリーブ油やワセリンなどは刺激が少ない保湿成分です。

オロナインの効果を得るには塗り方が大切です。

間違った使い方をするとニキビを悪化させることがあるから気をつけてくださいね。

まずはきれいに洗顔しましょう。

メイク汚れや皮脂などの汚れをきれいに落としてね。

きれいになったらオロナインをつけましょう。

ニキビ用のクリームは、ニキビが隠れるくらいクリームをつけるものあるけど、オロナインはこんなにたくさんつける必要はありません。

ほんの少しニキビにすり込むようにつけてくださいね。

あまり強くこするとニキビがつぶれるから気をつけて。

使うのは1日1回です。

あまり頻繁につけるとアクネ菌だけでなく肌に住む善玉菌も減って肌荒れがひどくなる可能性があります。

夜の洗顔後につけるといいかもしれません。

オロナインが効果的なのは赤ニキビです。

白ニキビはまだアクネ菌がそれほど繁殖していないから、あまり効果が期待できないかも。

かぶれがひどいときは使用を中止してくださいね。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です