脱毛で毛抜きがダメな理由とは?埋もれ毛って?色素沈着する?

20150606
ムダ毛を処理する時に毛抜きによる脱毛を行う方が居ます。

こうした自力での脱毛を行ってもムダ毛は時間が経つと元通りに生えてきますし、毛抜きによる脱毛ではムダ毛が生える土台の細胞にまで影響を及ぼす事が出来ないものです。

カミソリで処理する場合は肌表面の毛だけを剃るので、毛抜き脱毛の方が処理後にムダ毛が目立つようになるまでに時間がかかりますが、毛抜き脱毛の場合は毛穴を広げてしまったり、開いた毛穴に菌が入って炎症を起こす事リスクもあるのです。

肌を傷めてしまった上にムダ毛は時間が経てば元通りという事になりますから、生えて来る度に毛抜き脱毛を行うと、肌へのダメージが蓄積しますし、ムダ毛が生える方向性が変わって埋もれ毛になり、肌の表面にムダ毛が出て来ずに内部に毛が生えてしまうという事もあります。

ですから毛抜き脱毛で結果が出ない方や、毛抜き脱毛を繰り返す事によって埋もれ毛や肌トラブルに悩んでいる時には、ムダ毛が生える細胞を破壊したり弱めたり出来る施術を受ける方が良い場合もあります。

家庭用脱毛器を使う場合でも毛抜き脱毛を行ってしまうと毛根が無い状態の所に光を当てる事になりますから、カミソリで処理してから施術を行う事が望ましいものです。

毛抜き脱毛の方法としてはワックスやクリーム、テープ等で行う方法があり、大きな面積を一気に毛根から脱毛出来るという利点がありますが、これも肌表面を傷めてしまうリスクがあり、肌トラブルを起こした状態ではレーザーでの施術等が出来ない事もありますから、肌へのダメージを考慮しても毛抜き脱毛を行わない方が良いと言えます。

アフターケアを徹底したとしても素人判断ではさらにトラブルを起こしてしまうリスクがあり、毛抜きでコツコツと抜いたりワックス等で一気に抜く事は、出血や炎症の原因にもなりますから避ける事が望ましいです。

特に成長期に毛抜き脱毛を行うと毛穴から数本の毛が生えるようになる事もありますし、毛抜き脱毛を継続的に行っていくと毛穴の黒さが目立つようになったり、色素沈着が戻らなくなる事もあります。

埋没した埋もれ毛は医療クリニックでの脱毛やエステでのフラッシュ脱毛を活用しても無くす事が難しくなりますから、毛抜きで脱毛する事は避けた方が良いのです。

ムダ毛に悩んでいる場合には専門業者に相談する事が望ましいですし、アフターケアや肌の影響を考慮して施術を行ってくれます。

トラブルのない本当のつるつる肌を目指すなら脱毛サロンやクリニックでの脱毛を考えてみてください。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です