脱毛器ケノンの使い方はどうやるの?肌トラブル解消できる?保冷材は用意する?

Woman trimming her leg with electric trimmer
カミソリ、毛抜き、除毛クリームでの脱毛は費用が安くて手軽ですよね。

手軽だからついつい繰り返し脱毛しがちな人も多いことでしょう。

でも、カミソリや毛抜きなどで脱毛を繰り返すと肌トラブルの原因になるんです。

カミソリで処理すると角質まではがれるから、肌が乾燥してガサガサになってしまいます。

乾燥を無視して脱毛し続けると、色素沈着やブツブツなんかができてしまいますよ。

肌の負担が少ないのが脱毛サロンの脱毛法だけど、費用が高いし何度も通わなきゃいけなくて大変ですよね。

もっと安く手軽にきれいに脱毛できるがの家庭用の光脱毛器です。

いろんな機種があるけど、おすすめはケノン。

日本だけでも30万台も売れているんですよ。

それだけ効果があるってことですよね。

ケノンの照射面積は、3,7cm×2,5cmつまり9,25平方cmと広範囲です。

だから広い範囲を一気に脱毛できるんです。

他の製品は照射面積が狭いから、腕とか脚など広い面積を脱毛するとき何度も光を当てなきゃいけなくて時間がかかるけど、ケノンなら一気に広い面積を脱毛できるからスピーディーに脱毛できます。

照射面積が狭くてイライラなんてことから解放されますよ。

広い範囲だけじゃなくて、指など狭いところも脱毛可能なのです。

出力は10段階と細かく調節できるます。

肌が弱い人は脱毛で赤みが出たりすることがあるけど、最小出力にすれば肌が弱い人でも脱毛できることもあります。

これでムダ毛の悩みから解放されますね。

早く脱毛したい人はレベル10で光を照射しましょう。

毛深い人でも満足できる脱毛効果を得られます。

自分に合った出力を選べるから便利ですね。

1ショットだけじゃなくて、3連射や6連射もできるのです。

1ショットは出力が強いから肌が強い人向け、6連射にすると肌の負担が減るから肌が弱い人向けです。

さらに、ケノンは脱毛だけじゃなくて光エステもできるのです。

脱毛して肌がツルツルになるだけじゃなくて、光美顔機として使って美肌まで手に入れられるかも。

美顔に使うときはカートリッジを交換してください。

脱毛に使う光よりも弱い光を当てると、コラーゲンに働きかけて美容に使えるのです。

光脱毛は光の熱エネルギーを毛根に吸収させて、熱のダメージで処理する方法です。

熱が発生するから冷やさないと痛みがでたり、やけどする可能性があるから注意が必要ですよ。

保冷剤で冷やすのが一般的なんですが、保冷剤を準備したり、冷たすぎたり、夏は溶けたり面倒ですよね。

ケノンは冷却機能がついているから、保冷剤で冷やす必要はなし。

保冷剤を準備しなくていいから脱毛が楽チンにできるんです。

冷やしながら脱毛できるから痛みが少ないのも嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です