二の腕痩せのエクササイズの流れ。早く結果を出すならこの方法を!

20150512
露出が多い季節になると二の腕は気になるものですし、オシャレの幅も変わってくる事になりますから二の腕痩せについて興味のある女性は多いです。

そこで二の腕痩せを実現したい場合のエクササイズやマッサージのコツを知った上で実行すると、二週間程度継続すると体に痩せスイッチが入ってどんどんと痩せやすくなりますから、まずは二週間は継続的に行う事が望ましいでしょう。

二の腕が柔らかく太くプニっとしてくると対処したいものですが、この時に二の腕だけを鍛えて対処しようとするよりも体全体を痩せるという意識を持った上でエクササイズを行い、それを土台にして部分的にストレッチやマッサージを加える事で相乗効果を得て二の腕痩せを実現させる事が出来ます。

二の腕に限らず部分痩せ全般のコツとして共通点があり、無酸素運動である筋トレエクササイズと有酸素運動による脂肪燃焼を組み合わせる事が効果的です。

有酸素運動は散歩や軽いジョギングを継続的に行う事が効果的であり、こうした有酸素運動は効果が出るには20分以上から脂肪燃焼が始まると言われています。

しかし、無酸素運動の筋トレを先に行った上で無酸素運動を行うと脂肪燃焼が早く効率的に行なえるようになりますから、早く結果を出したいという方はストレッチや筋トレを20分前後行ってから有酸素を30分、というような形で継続すると効率的に痩せる事が可能になります。

有酸素のみで痩せる事も期待出来ますがやり方次第ではリバウンドを起こしやすい体になってしまいますから、筋肉を付けながら痩せるとリバウンドが起こりにくい事や、体のラインを美しくしながら痩せる効果に期待出来ますから、二の腕を引き締めて痩せる為にも筋トレを加える事が望ましいです。

運動後に風呂に入りながらマッサージを行う事で疲労回復を促しますし、老廃物を出してさらなる効果を得る事が出来ますから、ストレッチや筋トレエクササイズを行ってから有酸素運動に入り、そこから風呂でマッサージをしてストレッチで終わるという流れを継続すると良いです。

毎日継続しなくても3日周期で行っても効果がありますし、忙しい方でも3日周期で行い、時間に余裕がある方は筋トレは3日周期で有酸素やマッサージ、ストレッチは毎日行うと良いです。

筋肉トレーニングに関しては毎日行っても効果が少なく、筋トレの刺激を与えて回復させる為に3日程かかりますから、筋トレを行わない日はストレッチから有酸素に入り、風呂マッサージからストレッチで締めるという感じで行うと効果的です。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です