ココナッツオイルの効能と使い方?美容にいいって本当?

20150406

ココナッツオイルは、美容効果が高い事で、多くの方がスキンケアに利用しています。

ココナッツオイルが美容に良いと言われているのは、含まれている栄養成分にその理由があります。

ココナッツオイルに含まれている栄養成分というのは、ほとんどが飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸は、中鎖脂肪酸と呼ばれ、摂取しても体内に蓄積される事がありません。

これが、ダイエットに効果がある理由でもあります。

そして、中鎖脂肪酸の50%近くを占めているのがラウリン酸です。

ラウリン酸は、免疫力の向上、抗菌作用、肌トラブルの防止に有効な働きをします。

そして、ビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンEには、酸化防止、血行促進など、老化を防止してくれる効果があり、若返りのビタミンとも言われています。

ココナッツオイルは、毎日の生活の中でいつでも活用する事ができます。

朝、洗顔の後に少量のココナッツオイルを顔に塗ります。

そして通常のスキンケアをすると、化粧水などの浸透を高めてくれます。

また、化粧水や乳液にココナッツオイルを数滴混ぜる事で、保湿力を高めてくれます。

そして、夜にはメイク落としにも活用できます。

たっぷりのココナッツオイルで顔をマッサージするようにメイクを落とし、最後にタオルでよごれを拭き取ります。

さらに、ボディケアやヘアパックとしても利用できます。

入浴前にココナッツオイルを根元から毛先に向けて伸ばして、指の腹で頭皮をマッサージします。

毛穴に詰まった汚れが取れて、しっとりした髪に仕上がります。

お風呂上がりには、少量のココナッツオイルをボディに付けると、潤いのある肌がキープできます。

ただ、ヘアケアやボディケアに使う場合は、量を付けすぎてしまうとベタついてしまいます。

少ないかなと思うくらいの量を使う事が大切です。

このように、ココナッツオイルは、全身に使う事ができて美容効果がある万能のオイルです。

最近では、このココナッツオイルの美容効果が高い事が注目され、高級化粧品を使わないで、ココナッツオイル一つで全身のスキンケアを行なう方が増えています。

人の皮脂組織と類似しているココナッツオイルは、肌に良く馴染み、保湿を与えて肌トラブルを解消してくれて、アンチエイジングにも効果があります。

ココナッツオイルに含まれている飽和脂肪酸は、糖尿病や心臓病など、生活習慣病の予防にも効果があります。

毎日の生活に取り入れる事で、美容と健康に大きな効果を発揮してくれます。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です