下地のカバー力で決まる女子の一日~マキアージュ パーフェクトマルチベースBB~

20150506
ちょっと夜更かしが続いたときとか、自分の顔をショップのウィンドウとかで見て、ぎょっとすること、あるよね。

うわ、こんな顔で外歩いてたのかー、まじで家に引き返そうかな、みたいな。

てかり、粉浮き、クマもひどい。

夜更かしした自分を呪うが先か、ちゃんとカバーしてくれないファンデーションを呪うが先か、って感じなんだけど。

やっぱり、肌の状態がいい時って、肌がプルンと潤っていて、福士蒼汰くんとか、山﨑賢人くんとか千葉雄大くんとかがなんでもこい、お前のすべてを受け止めてあげるよ、みたいな、そんな妄想しちゃうくらい、気分がアガル。

逆に悪い時って、ヤンキー映画に出てくるような輩が、肌の上で座り込んでたばこふかしてるようなそんな気持ちになってくる。

それって私だけ?中でも毛穴!!

そのたばこのすいがらを、私のお肌にぐいぐいって押し付けて火を消してます、みたいな。

お肌のコンディションだけでここまで妄想広がっちゃうなんて。

今までリキッドファンデーションが多かったから化粧下地って、あんまり重要さを感じてなかったけど、パウダーファンデーションを使うようになって、すごく下地の大事さを感じるようになってきた。

するーんと気持ちよくファンデーションをのせるには絶対必要だなぁって。

そこで終わりじゃないもんね、その上にまた、アイシャドウとかのってくるから。

そうなった時、やっぱりあー、きちんと整えておいてよかったーとなるか、また一からやり直したいと思うか、まさに天国と地獄。

私が今、使ってる下地はマキアージュのパーフェクトマルチベースBB。

カバー力があってこれで整えると自分でも肌がきれい、って思う。

その上にドラマティックパウダリーUV。

このファンデーションの感じは、ドラッグストアでタッチアップしてもらった時にめちゃくちゃ感動しちゃって、即買いしたほど。

サラサラなのにしっとりで、肌が若返った感じ。

やっぱり自分は、資生堂好きだなーって改めて思ったよ。

使い続けても、使い始めの感動のままなんだもの。

毛穴カバーだけで、見た目年齢すごく変わるし。

それに、ケースのデザインとかも、使っていて、なんか女に生まれてよかったな、なんて、思ったりするし。

季節によって、さらっと仕上げるか、しっとり仕上げるか、毛穴カバーは、UVは?

など悩んでしまうけど、その悩む時間や、BAさんと相談して、自分に合うものを見つけたときの感動とかやっぱり、化粧品って楽しいなって思う。

肌の上の福士くんたちに微笑んでもらえる肌でずっと入れたらいいなって思う。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です