アンチエイジングでお肌のケアをする?ポイントは保湿と抗酸化力にあった!

20150505
肌のアンチエイジングは、外側からだけ内側からだけなど、どちらか一方だけでは難しいと言われています。

化粧品で外側からケアして、食べ物で内側からケアすることがアンチエイジングのポイントです。

外側からのケアで大切なのが保湿。

乾燥肌はあらゆる肌トラブルを招きます。

乾燥すると紫外線などから肌を守るバリア機能が低下するので、紫外線の影響でシミができやすくなります。

常にダメージを受けて炎症を繰り返しているので、炎症の刺激でコラーゲンやエラスチンが変性してたるみやシワになってしまいます。

古い角質が蓄積しやすく、ニキビやくすみにつながるのです。

乾燥している状態では、化粧品の効果が減少してしまうから、シミ対策、シワ対策などの化粧品を使う前に保湿をしましょう。

保湿効果が高い成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどです。

どれも歳を重ねると少なくなる成分なので、化粧品で補ってあげてください。

おすすめはセラミド配合の化粧品です。

セラミドは肌の水分保持力の80%を担う細胞間脂質のほとんどを構成する成分で、バリア機能の回復を促す働きもあります。

20代ころから急速に減少して乾燥するので、化粧品でセラミドを補うことが大事です。

ヒト型ナノセラミドは浸透力が高くて必要な所に届いて潤いを与え、刺激が少ない成分でおすすめです。

あと、ダイエットで無理な食事制限をしていませんか?

しっかり食べないとターンオーバーに必要な栄養が不足して乾燥肌になります。

肌の水分保持をしている細胞間脂質や天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれます。

タンパク質は細胞の原料になる物質で、不足するとターンオーバーが乱れて潤い不足になります。

肉・魚・卵・乳製品・大豆などからタンパク質を摂取しましょう。

紫外線の影響を防ぐのが抗酸化物質です。

アサイーは高い抗酸化力がある果物で、ポリフェノールはブルーベリーの8倍にもなります。

女優やモデルの中には愛用している人がたくさんいますね。

アサイーはジュース、サプリメント、粉末などで摂ることができます。

最近はコンビニなどでもアサイー商品を購入できるようになりましたね。

朝食におやつにアサイージュースを飲んだり、アサイーボウルなどを食べてこまめに抗酸化成分を摂っておくと、紫外線の影響を受けにくくなります。

色が濃い野菜や果物に抗酸化成分が豊富に含まれているから、アサイー以外にもいろいろな野菜や果物を食べてください。

人参に多いβカロテン、トマトのリコピン、ブルーベリーのアントシアニンなどの抗酸化成分があります。

外と内からケアすればアンチエイジングは万全です。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です