パナソニックの光エステで脱毛してみた結果。私の自己処理で傷んだお肌が・・・

20150503
これから暑くなってお肌を露出する機会が多くなってくるシーズンですね。

女性は、今まで隠れていた部分のむだ毛の処理をきちんとしておかないと、電車通勤の時など、つり革を捕まった半袖の隙間から、ちょっとした瞬間に見えてしまう場合もあります。

やはりむだ毛処理は、万全にしておかないと恥ずかしい思いをしてしまいます。

でも、エステに行って色々カウンセリングを受けて、次の予約を取って、という事は、時間のない人にとっては、とっても億劫なものですよね。

忙しい方にとって、自宅で楽々脱毛処理ができる、パナソニックの光エステが、今、大人気です。

私も、むだ毛処理は今まで自己処理で剃ったり抜いたりの繰り返しでしたので、時間もかかり、お肌もカサカサになっていることが多かったのですが、このパナソニックの光エステは、脱毛と光効果をいっぺんに体感出来ますので、すごく短時間で、満足いく状態に仕上がります。

このマシーンを使うとなぜきれいに脱毛出来るかというと、むだ毛をトリマーで除毛してから、黒い色に反応するフラッシュがむだ毛を根本から処理してくれるのです。

脱毛後、光によるお肌へのケアで、毛穴の目立たないスベスベお肌になるのです。

後は軽く保湿をすれば、開いていた毛穴もキュッと引き締まり、毛穴の目立たないお肌になるのです。

この光エステの脱毛器ES-WH71(ボディー用)は、手のひらよりも少し大きめサイズで、かわいいビットなピンク色なので、使うたびに楽しい気分になれますよ。

私はこのマシーンで両脇と両ひざ、ひざ下のすねの部分、ひじから下の両腕の脱毛に使っています。ただ、両ワキは脱毛に関してはあまり効果がないと思います。

どの部分で使っても、脱毛特有の電気が走る様なチクッとした痛みや、毛が引っ張られるような痛みは感じませんので、ゆっくりと自宅でくつろぎながら、脱毛が出来ます。

このマシーンで脱毛することのメリットは、人に自分の身体を見られることなく、リラックスして自宅で、脱毛ができる事と、何といっても、仕上がりの美しさです。

週に1,2回のお手入れだけで、脱毛するたびに、みるみるお肌の状態が良くなって、すべすべになっていくんです。すべすべ度合いは、これを使い始めたらやめられない、という感じです。

私のように自己処理を繰り返していた痛んだお肌でも、3ヶ月後には見違えるくらい白くツルツルなお肌になっていますので、自信を持って外出出来ます。

これから夏にかけて、素肌で健康的にお出かけするには、この光エステが強い味方になってくれると思いますが、脱毛に関してはケノンのほうが脱毛効果は高いですね。

光エステのデメリット

光エステはあくまで「光美容器」であって、お手入れはワキ、腕、足の3部位しかできません。脱毛効果も永久ではないそうなので、脱毛をしたいなら本格的な脱毛器で脱毛したほうが良いです。

パナソニックの光エステは20,000円前後、ケノンは73,800円という価格差があるので脱毛効果に差が出るのは当然ともいえますが、脱毛をしっかりしようと考えているなら光エステはおすすめできません。

使うとしたら、自己処理で傷んだ部位を光エステでケアするという感じでしょうか。

ワキは毛根が深く、毛も太いので光エステでの脱毛効果はほぼ望めないといって良いでしょう。ワキや腕も効果が出るまでが遅いです。本格的に脱毛しようと決めたなら、20,000円を無駄にするよりは、ケノンを最初から購入するほうが費用対効果は高いと思います。

ケノンはカートリッジの大きさが3種類あって、一番大きいのは腕や足だとガンガン脱毛できます。ケノン

私は最初にパナソニックの光エステを購入して、脱毛効果があまり期待できないと思い、あとからケノンを購入しました。今では光エステは脱毛目的ではなく、ちょっと肌が傷んでるかな?というところに使う程度ですが、それでも面倒なので活躍する頻度は減ってきてます(^o^;

ケノンは脱毛器として優秀ですが、フォトフェイシャルもできるので一石二鳥です。光エステは顔には使えないですしね(T_T)

買うときは清水の舞台から飛び降りる気持ちになりますが、脱毛エステ代を考えると安上がりです。ケノンはお値段以上の価値はあると思います。>>ケノンの情報を詳しくみる

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です