顎や首にできるニキビの原因とは?どうやって治せばいい?

20150502
顎のニキビや首のニキビに悩まされている方は多いと考えられています。

顎や首のニキビは、思春期特有のニキビと異なり、治りにくいとされており、実際、皮膚科での治療を行ってもなかなか治らず、インターネット上でも良い治療法や効果的な化粧品についての意見が交わされているのを目にすることがあります。

顎や首のニキビは、ホルモンバランスや肌のターンオーバーが関係しているというデータがあります。

思春期のニキビも、男性ホルモンが活発になり皮脂の分泌が増えることで発症するとされていますが、洗顔を励行したりスキンケアや適切に外用薬を使用することできれいに治ることが多いようです。

しかし、顎や首のニキビの特徴としては、おでこのニキビと異なり、赤くはれたりしこりになるほど大きくなることが多く、一度できると治りにくいケースが多いようです。

又、皮脂が多く分泌されやすい個所ではないため、厚くなった角質など、皮脂以外の原因も考えられるとされています。

ニキビ治療で有名な皮膚科では、早くからニキビのホルモン治療に取り組んでおり、特に顎や首のニキビは大人ニキビ、アダルトニキビと呼ばれ、男性ホルモンを抑制する薬や、女性ホルモンを含む低用量ピルなどを使用することで、大変高い効果を上げています。

類似の治療法は全国の皮膚科でも行われており、低用量ピルや男性ホルモンの分泌を抑える薬剤を服用することにより、確実に顎や首のニキビに効果を上げているケースが多いとされています。

しかし、誰もがホルモン療法を行えるわけではなく、場合によっては副作用が出ることもある薬ですので、慎重に投与が行われ、ホルモンバランスを整えるための生活指導なども行われています。

ホルモンバランスは、規則正しい生活を行うことにより正常化すると考えられており、不規則な生活をしていると崩れやすいケースが多いようです。

そのため、早寝早起きや、野菜やミネラル、食物繊維やたんぱく質などをバランスよく含んだ食生活、ストレスをためない生活などが、首や顎のニキビの治療には推奨されています。

特に、女性の社会進出により、ストレスをためがちな女性が増加し、ヒゲが生えるなどの多毛症や、男性ホルモン過多による皮脂の増加などの症状が出るケースが増えています。

ストレスをなるべく上手に発散し、規則正しい生活を心がけることでホルモンバランスを安定させることは、大人ニキビの治療にとって有効であると言えるでしょう。

にほんブログ村 美容ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です